起業家さんはお覚悟を。

 

消費者契約法というホウリツがあります。

このホウリツ、

商品やサービスのクロージングのとき、売り手が

「絶対値上がりします」とか「絶対モトとれますよ」とか言っちゃってると、

後で、買った人から契約を取り消しできるという、買い主の立場に立つと

大変アリガタイものです。 🙂

 

しかーし。注意しなければいけないのは、このホウリツで保護されるのは、

「消費者」(ショウヒシャ)だけってトコロ。

これを読んでいるあなたがもし、「起業家」さんであって、問題となる契約がその事業のためのものと考えられる場合は、

あなたは、ホウリツで保護される「消費者」にはあたらないことになります。

 

たとえば、集客のコンサルを受けるとか、発信用のSNS媒体を作成するとか、

そういう契約をするときは、上記のような取り消しは基本的にできないでしょう。 😥
詳しくは、消費者庁がサイトを作っていますので見てね。

何かコムズカシイので疲れると思いますが(笑)。

http://www.consumer.go.jp/kankeihourei/keiyaku/chikujou/index.html

 

で。ここからが本題。NHKの「アサイチ」とかでも取り上げられるくらい

「ママ起業」とか「おうちサロン」とか

流行っていて、実際とても素敵に活動されている方が多いですよね~。

でも、規模がどうであれ

「起業」する以上、法律的には色々変わってくるんです。

ドライに冷酷に「事業者」と認定されて保護されなくなることを知ってほしいなと思います。

 

 

そんな知識を身につけておくことがスマートな起業女子になる要件だと思いますよ 😉

 

関連記事

  1. ルールを知らないと損するかもしれないけど自己責任な。

  2. 東京医科大学問題に腹を立てる

  3. 18歳から自己責任な。

  4. 自由って何だろう

  5. 契約書は戦略

  6. 天使のエビと、トラブルに巻き込まれた時のゴール設定のコツ

  7. 相手基準で考えていたら自分の権利は守れない。

  8. 巻き込まれるな!ダメなコンサルのダメループ②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

最近のコメント