あなた、約束してくれないの?

最近、とある会話のなかで「契約書も作ってくれなかったので信用できないから、その人には仕事を頼まなかった」 という方のお話を聞きました。

「うんうん、当たり前だよね」と激しく頷きつつ、思えば実際はこういう感覚の方は 少数だよなあと思いました。
契約のトラブルについてご相談を伺う際には、まず初めに「契約書ではどうなってます?」と聞くことが多いですが 、「契約書がない」というケースが大多数です。本当に。

契約書がある場合でも、中身がネットで拾っただけのような「何これ?」というレベルのものも少なくありません。

なので、内心「これだからトラブるんだよー」と、耳元にメガホンで叫びたい気分になります(笑)。

いや、冗談抜きで、契約書もないくらい約束や覚悟があやふやだから、そのトラブル起きてませんか?って話です。
これが千円二千円の話じゃなくて、数百万単位でも契約書無し、なんてことも、信じられないかもしれませんがよくあります。

ビジネスは等価交換。

売る側は「自分のどんな仕事や何の商品に対してお金をいただくのか」
そこに意識を研ぎ澄ました方がいいです。

反対に、買う側も、 「何に対して自分の大事なお金を払うのか」は、しっかり見極めた方がいい。

要は、互いにシビアな等価交換の目を持つことです。

その指針になるのが契約書なんですね。

自分のビジネスを見えるカタチにして、「コレを売ります」とコミットする「宣誓書」でもあります。

契約書がないということは、その宣誓もないといっているようなもの。

冒頭にあげた方のように、何か不信を感じられてしまうというのも無理もありませんよね。

事業者が契約するということは、自分の命のような労働力と時間をやりとりすること。そして、やはり自分の命のようなお金をお支払いすること。

そういう大事な場面では、時間とお金と手間をケチらず、ちゃんとしておくべきだと思います。

いわば、リスクヘッジのための「投資」という感覚は、近いうちに世に浸透すると確信しています。

 

「ウチの業界では契約書なんて作らないよ」「信用してれば契約書なんていらないよ」という変な感覚のせいで、無駄なトラブルに巻き込まれたり、泣いたりする人を、減らしたいものです。

関連記事

  1. 人のふり見てわがふり直せ

  2. 峯岸優子のオンライン法律カウンセリング紹介

  3. 女性目線の相続セミナー開催

  4. 巻き込まれるな!ダメなコンサルのダメループ

  5. 相続法改正の要点

  6. 世界はひとつじゃない。

  7. 責任者講習って知ってる?

  8. うっせえわって言えないとダメじゃない?逆に。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

最近のコメント