悪夢は桜の終わった頃に

 

弁護士、検事、裁判官、この三者をまとめて「法曹三者」と呼ぶことがあります。

 

法廷の内外では、立場の違いから、日々いがみ合ったり、けなしあったり、殴り合ったりしている三者ですが(全部冗談です。)

いろんな怨讐を超えて、分かり合えることが1つあります。

 

それは、桜が終わった今ごろ、ある悪夢を見る、ということ。

 

その夢とは。

「なんかわかんないけど、もう一度司法試験を受けなくちゃいけない」という夢。

 

単純に大変なことを思い出すというのと違って、終わったと思ったことをもう一度やるのって、一層苦痛じゃないですか?

 

他のことで例えるならば、マラソンで42キロ走ったのに、ゴール手前で「ゴメンあと20キロ」と言われるとか。

 

ドラクエでレベル30とかまでいったのに、お母さんがブレーカー落として冒険の書が消えちゃった時とか。

 

そりゃそんな夢を見たら結構な汗かきますでしょ。

 

「あーよかったまたドラキー相手に必死にならなくていいんだ」とホッと胸をなでおろすみたいな。

 

「何かを無意味に繰り返しやらされる」って、拷問にもあったような気がしますが、とにかく苦痛なこと。

 

 

さて、ではさっきのような状況で、もしも「もう一度やり直し」と言われるとしたら。

 

みなさんならどうしますか?

 

私なら、全部もうやらないですね。

 

ドラクエのクリアもマラソンのゴールも司法試験も、もう縁がなかったと思って一回やめます。

 

だって、たった一度だと思うからこそできるマックスのパワーでやってるわけだから、「ふりだしにもどる」って言われたら「ならもうええわ」ってなりますよ。

 

1つのことの終わりは、何か別の面白いことをするチャンスなのかもしれないですしね。

 

そうして一度距離を置いて、それでもなお忘れた頃にまたやりたくなったら、やり始めます。

 

 

緩急が大きい方が人生たくさん楽しめますね。

そう考えると、悪い夢も楽しみの1つかもね。

 


★すぐに使える法律知識のセリフや、ホンネが届きます。

弁護士峯岸優子メルマガ登録はこちら

弁護士峯岸優子メルマガ登録フォーム

 

関連記事

  1. 人はなぜ墓参りをするのか

  2. 「正しさ」はトラブルの元

  3. 会員さま向けセミナー第2弾はバレンタインの次の日。

  4. 巻き込まれるな!ダメなコンサルのダメループ

  5. リーダーってスゴイ

  6. 「いいお客さん」なんてさがすな!

  7. 「自立してる女性かっこいい」の違和感

  8. 相続法改正の要点

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

最近のコメント