キャッチーなネーミングが欲しい。

知り合いの司法書士さんに、歴33年、全国大会まで出られたお相撲経験をお持ちの先生がいます。

彼は「すもう書士」とみんなに親しまれていて、心底うらやましく思っています。

素敵な笑顔の親しみやすさに加え、「すもう書士」というキャッチがナイスすぎて、一度出会ったらどうしても登記をお願いしたくなる魅力に溢れています。

で、私にも何かないかなと思って、特技を思い浮かべましたがあまりないんですよねこれが。

中学の部活は吹奏楽でフルート吹いていましたが、フルートって見た目は素敵だけど、ぶっちゃけ合奏になると全く聞こえないんですよねえ。

間違っても指パクでも、誰にも気づかれない虚しさ。

まじトランペットにすりゃよかったよということで、中1の終わりに部活に入り直してバスケを始めました。

なぜバスケかというと、なんかかっこよかったから(笑)。

あとダイエットにも良さそうだったので。

しかし、こちらも練習試合で一回しか勝ったことがなく、記憶にも記録にもネタにもならない経験に。

こんな失敗ばかりの人生ですが、そういえばパンを焼くのは失敗したことがないんです私。

パン焼きは歴20年くらいはギリギリ行ってる。

というわけで「パン護士」とかどうだろう。

念のため商標とっとくか。

※写真は最近優雅に焼いた素朴なアンパン。あんこから作りましたのよ。おほほ。

関連記事

  1. 東京ドームとちっぽけなわたし

  2. 人のふり見てわがふり直せ

  3. 桜の木の下で毎年思うこと

  4. 私の遺品紹介。

  5. 「笑ってはいけない」の黒塗り問題について

  6. 事業者さま向けセミナー。「セリフ」で伝える法律知識

  7. しいたけの一片に振り回されるな

  8. グチ言う弁護士にならない。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

最近のコメント