自分で作ったカレーがキライ。

最近気がついたのですが、わたくしどうも、自分で作ったカレーが嫌いなのです。

自分で作るせいで厳しい目で見てしまうというか、あ、ここイマイチ、みたいな部分ばかり気になってしまうんですよね。

どうしても「あの時のあのひと塩が。。」とか反省してしまうし。

実際、家とかいろんなところで食事作る係のひとってそう思っている人多いんじゃないかな?正直なところどうでしょう。

 

あとは、作り手ゆえ、舞台裏を知っちゃっているってところもカレーを楽しめない理由の一つ。

「玉ねぎ。オマエ今そんなアメ色になって丸くなったみたいになってるけど、もともとは目のしばしば成分まき散らす青白いやつだったよな。 」

とか、

「お前のもともとの姿知ってるぞ。結構シワシワだし全身に長毛はえてただろ。このニンジン野郎!」

みたいな。

 

わたし的最高のカレーとの付き合い方は次のような感じ。

席に着くと、美味しそうなカレーがポンとでてきて、わー美味しそうってなって、美味しいーと食べて、ご馳走さま!あとよろしく!っていう文字通りおいしいとこだけの関係。

原料とか過程とは切り離された、完成された状態で互いにはじめて出会う喜び。

 

しかし、自分で作るとどうしても裏方だけに、「ちょっと鍋に残っちゃったカレーこれどうすんのよ」とか、「カレーの鍋洗うの面倒なのよね」とか、「家の中に充満するカレー臭なかなかとれないのよね」とか、カレー製作の持つネガティブな部分に直面してしまうのですよ。

だから、やっぱりカレーは誰かに作ってもらうのが一番だなと思います。

 

てなわけで、こんなチキンをコトコト煮込んでわたしが作った手作りカレーは大嫌いです。

作ってくれる人が欲しいです。。。
★ブログランキングに参加しています。
いいねと思った方にクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村

★法律相談は完全予約制です。まずは一度お電話ください。

法律事務所みつ葉グループ
弁護士 峯岸優子
〒151-0053東京都渋谷区代々木一丁目36番4号 全理連ビル2階
電話 03-5302-7380
(受付時間 平日9:30〜18:00)

関連記事

  1. しいたけの一片に振り回されるな

  2. もし今自由になる時間があったなら

  3. 人はなぜ墓参りをするのか

  4. 座るなら、学びつづける人の隣に。

  5. モヤモヤは仕分けしましょ。他人と過去は変えられない。

  6. 名刺がない!体験。

  7. 上野の国立博物館であの麗子になりきる

  8. 峯岸また外耳炎になったってよ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

最近のコメント