巻き込まれるな!ダメなコンサルのダメループ②

近くにいる人は選びたいもの。 

また、周りからの影響からぬけられず、どんどん落ち込んでダメループにはまらない。 

そのためには。何より自分が強くなることが必要。 

前回こんなお話をしました。

強くなるって何?どうしたらいいのか。

後編です。

 

 

 

真面目な人ほど、批判的な見方が苦手です。ダメって言われるとダメって素直に思ってしまう。

でもね。既に述べましたが、起業家さんは、起業した瞬間、学生・主婦・その他、それまでの属性がなんであれ、いきなり事業者というステージに立たされます。

「消費者」として保護してもらえなくなってしまうわけです。

事業者となればビジネスの世界。そしてそこは荒海。道中、色々な敵と対決する場面も出てきます。

見た目どんな強そうな敵が出てきても、変だなと思うことには「あれっ?」とすぐに気がつくこと。

場合によっては「それほんとですか?」「私調べでは違いますよ。」と言わないと損してしまうかもしれません。

 

大事なことなのでもう一度言いますよ。

「起業家は、自分の意見をちゃんと言わないと、経済的損失を受けるんです。」

これって、意識しないとなかなか難しいんですよね。学校では、反論の仕方って習ってないですから。

でも、起業家ならば、意見を言うこと/反論することは適切な振る舞いです。逆に、後になって問題になったときに、なんで言わなかったの?と言われるレベル。

その認識を改革することが第一歩ですよね。

 

では、自分の意見をちゃんと言うために何が必要か。

それにはまず、知識を持ち、基準を持つことです。

日常的に、土俵でもある自分のビジネスを取り巻くルールを知っておくこと。

1歳までの赤ちゃんにはちみつをあげてはいけない、というルールを知らなければ大切なものを守れないのと同じです。

契約って何?等価交換って何?というところを、息を吸うように理解しておくのがスタート。

そのほかにも、特定商取引法とかほとんどの起業家に関わるルールは押さえておかないと経済的損失を受けるかもしれません。 

これらの知識を味方につけておけば、きちんと自分の力で、適切な道を歩めます。

私は、自分の周りのビジネスパーソンには損してほしくない、むしろ1円でも得してほしいと思っています(笑)。

それに、私の周りには、ダメループでダメダメ言っている人・言わせている人ではなく、ポジティブで成功した人を増やしたい。 

意見を言うこと。そして意見を言うための力となる知識を持つこと。 

教養としてのルールを、息を吸うように身につけましょう。

関連記事

  1. 同情で受けた仕事は90パーセントうまくいかない

  2. 相続ってなんですか? 

  3. 世界はひとつじゃない。

  4. 人のトラブルに一時停止ボタンはない。

  5. シナモンロールを焼いてみた

  6. 新幹線のお供はこちら♫

  7. 相手基準で考えていたら自分の権利は守れない。

  8. 相続法改正の要点

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

最近のコメント