物語を売る時代に持つべき契約書

新しいお客様から契約書作成のご依頼をいただきました。

今は物を売る時代ではなく、物語を売る時代。

私は、契約書をお作りするときもこれを意識しています。

単にどこにでもあるようなその業種の決め事を書いた紙を売るのではない。

お客様の思いやこれまでお客様が育ててきたビジネスのストーリー。

それらを聞き出して掘り出だして磨いて・・・この過程をご一緒します。

そして、この過程を経てこそ、ビジネスはより明確なビジネスとなり、またしっかりと守ることができます。
「売り上げも安定してきた。そろそろリスクヘッジも考えた方がいい?」

「これから展開していくタイミング。何に気をつけたらいい?」

「今使っている広告ツール、NGなセリフ、表記はある?」

こんな、「何となく」のモヤモヤ、抱えていては時間がもったいない。

峯岸はあなたのビジネスの進化の道中にも、寄り添います。
法律カウンセリングのサービスは、ビジネスのお客様にも有効にご利用いただいています。
 

関連記事

  1. 母と秩父へ。

  2. 相手基準で考えていたら自分の権利は守れない。

  3. キノコとったどー

  4. 悪夢は桜の終わった頃に

  5. つどえ!世の中の「モームリ!」〜7/17モームリ・カフェやります。

  6. 休日の裁判所。証人になりました。

  7. @大阪!実務家さま向け相続セミナー

  8. 巻き込まれるな!ダメなコンサルのダメループ②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 独立して3年目

    2021.10.27

アーカイブ

最近のコメント