18歳から自己責任な。

ご存知のとおり、法律が改正され、4月1日から成人年齢が18歳に引き下げになりましたね。

とはいえ、18歳からお酒が飲めたりギャンブルできるようになったりするわけではありません。また、選挙権はすでに少し前から18歳以上に付与されていました。

そのため、この成人年齢引き下げということの一番大きな意味は、「18歳から単独で有効な契約ができるようになる」というところかと思っています。

未成年者が親権者の知らないところで勝手に結んだ契約は、あとで親権者が取り消しすることができます。

未成年者は判断力の未熟さゆえ誤った判断をしがちなので、未成年者を保護するためにそういうルールにしているのです。

これまでは20歳未満まではその保護カードが使えたわけですが、今後は18歳以上になるとその保護カードが使えなくなる、というわけです。

法律が変わったからといって事実が魔法のように変わるわけではありません。

18歳になったから、急に防御力が5ポイントアップするとか、すばやさが10アップするということはなく、実際には、年齢に関わりなく、常に気をつけて勉強していないと判断力なんてものはいつまでも身につきませんよね。

それが、今後は成人年齢引き下げにより、「これからは自己責任な。」と言われる年齢が20歳から18歳に下がったわけです。

正直、「18歳からは自己責任な。」と突き放せるほど、今の社会で法律の教育はゆきわたっているのかな?とも思いますが、現実は現実。

現実に負けないために、今後はますます個人の勉強というのが大事になってくると思います。

18歳であれ60歳であれ、法律のことを知らず判断を誤って不利益を被ってしまうことはあります。

相続のこと、契約のこと。たった一つの情報を知っていれば避けられたのに、知らなかったから損をしたとか、あとで大変な手続きが必要になった・・・という相談は少なくありません。

ルールについてアンテナを立てることだけでも意識していただくと良いと思います。

意識しているだけでも、必要な情報を拾いやすいですからね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先日、事務所の前の大通り沿いに夏みかん?のような実をたくさんつけた樹木をみつけました。

大都会に一時の癒やしを感じました。

関連記事

  1. 秋、セミナー2本開催します!!

  2. 実務家向けセミナーのお知らせ

  3. 責任者講習って知ってる?

  4. 山手線を一周まわったときの話

  5. 女性目線の相続セミナー開催

  6. こんなときこそ「リモート法律相談」はじめます!

  7. たたみかけるようにセミナー。@京王百貨店

  8. FQA〜ご相談(高リスクの事例1「妻vs夫実家」)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

最近のコメント