乳がんのこと

乳頭乳輪再建への道【リアル表現あり閲覧注意】

2023.3に乳房全摘出手術をして、自家組織(背中)で同時再建をしました。

その後、片胸が乳首のない膨らんだお山だけの状態が続きましたが、2023.12に乳頭の再建手術をしました。

この乳首再建術はなかなか予想外で、きゅっとつまんで結びつけて終わりなのかと思いきや、しっかり麻酔をかけてメスで切ったり貼ったりするんですよ。

甘く考えていたもんで、術後、ホットヨガを予約してたくらいだったんですが手術当日からしばらく出血が多くておどろきました。

あと、最高に予想外だったのが、できた乳頭がでかいこと(笑)(笑)!

医学的な話として話すのですが、オリジナルの乳頭に比べて3倍くらいでかい。

いや、術後当初は、「これはきっとできたての乳首の周りに、防護するためのドーナツ型のまくらをはめているのだろう」と思っていたのですが、実はそのまくらが乳首だったのよ。 

 

思えば、乳首どう形成するかの判断も、手術当日、外来の診察室で、先生が奥から出してきた乳首のサンプル(乳輪の大きさや色が違う20個くらい。ゴルフ練習場にある低めのゴム製のティーみたいなやつね。)の中からこれかな?これかな?とホイホイと選んで、「これだね、どう?」「あ、そうですね」という感じで、ほんの30秒くらいで決めたんですよね。

そのくらいラフ。

まあこれも健康保険の範囲での標準治療なので限界なんだと思います。

おそらく自由診療、全額自己負担の美容形成外科でやる再建であれば、左右差とかなく自然な仕上がりになるよう、すごく丁寧にやるのだろうと思います。

なので、気になる方は美容形成も検討されたら良いと思います。 

 

私は、アラフィフで、もはや乳首に思い入れもないので、費用対効果の観点からこれでいいわ、って感じですが、気になる人は気になるレベルで結構違うと思います。

そのようにして作ったいまの再建乳首は、普通の肌の皮とか肉で切り貼りして作っているので色がふつうの部位の皮膚の色です。

さらに本物の乳首に近づけるために、仕上げとしてタトゥーで色付けするんです。

これはなぜか自由診療なんだとか。いくらになるかドキドキです。

このタトゥー手術は、乳首作ってから半年後。

その手術はこれから。どうなることやらまた報告します!

オンラインサロンのご案内

12月2日(大安)いよいよオープン

\人生後半を最高に楽しく/
アラフィフ女性さま必見の
月額課金制サロンの登場です!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です