ドーナツの思い出

はるか昔の学生時代

ミスドでバイトしていた

ことがあります。

当時、ドーナツが好きすぎて

毎日必ずドーナツを食べないと

辛くなり、

夏休みの旅行先でも

ミスドを探して

わざわざ買いに行って

食べていました。

ああそういえば、

当時はまだスマホはもちろん

インターネットも

身の回りになくて、

よくしらない旅先で

ミスドを検索するために

電話帳みたりして

でも探せず、

結局、バイト先の店長に

電話をかけて

「熱海にミスドありますか?」

と聞いたのでした。

これに対する店長の

「それならヤオハンに入ってるよ」

という瞬時明快な回答が

今でも鮮明に再現されます。

実はその店長のことを

密かに好きで(今更告白)

「さすが店長は

なんでも知ってるのね。」

と恋心が募りました(笑)。

ちなみに、ミスドでは店長ではなく

店主といいます。これ豆ね。

久しぶりに行ってみると、

斬新な新作や、

往年の名作の小型版が

登場していたり、

さすが永く続くお店は

いろんな戦略を打ち出して

いるなあと思います。

だってほらこの小粒の

チョコファッションとか

絶対買っちゃうよね。

まんまと策にはまって

4つも買ったドーナツを

もぐもぐ食べながら、

イベント準備。

夏になって、

窓の外からセミの声とか

きこえると、

どうでもいい昔の話を

思い出してしまいますね。

当時のいろいろなことを想って

なんだか泣きたくなりました。

関連記事

  1. 桜の木の下で毎年思うこと

  2. 東京ドームとちっぽけなわたし

  3. 変化はコントロールしよう

  4. ゴールデンウイーク明けに思うこと

  5. 「いいお客さん」なんてさがすな!

  6. なにがあっても季節はめぐる

  7. すべてはヒント!!

  8. 座るなら、学びつづける人の隣に。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ホワイトデー

    2020.03.22

アーカイブ

最近のコメント