トライする時のコツ

初めての射的に挑戦する。

 

小さな弾と的をみて、これはなかなか難易度が高いなと分かる。

 

狙え。

ターゲットは限りなく絞った的。できれば1mm。1点に絞る。

そうじゃないと何発打っても当たらない。

狙い方、マトの絞り方は、わからないならば教わる。

肩で銃身を固定して、ピンを的に重なるように。

最初はオリジナリティなんていらない。教えられたとおり愚直にそのままやるだけ。

教えられてみると、教える側のスキルも透けて見える。

生徒がど素人ならば、「こういうやり方もあるし、ああいうやり方もある」とヘンに選択肢を残されるより、「こうすべき!」とやることを一つに決めてもらった方が、圧倒的にやりやすい。

一発目。

的に当たらなかったら、何故当たらなかったのかを考える。何ができていて何ができなかったから当たらなかったのか。

「できた」ことの把握は、行為を修正するときに絶対に必要なステップ。

「できた」ことまで修正していたら、一生修正の繰り返しになる。

失敗し続ける人はこの過程を大事にしない。

全部がダメだったと謙虚になりすぎる。

実際「何ができていたのか」を正確に把握するのは、自分だけでは案外難しい。

だから、必要なら、そばで見ていた人に意見を聞く。

動画を撮る。

客観的に検証するスキルを身につける。

とにかく工夫して、「できた」ことを明確にする。

そして、「できた」ことは再現し、できなかった修正ポイントを意識する。

そうやって繰り返す。

ただし、そのやり方で何回トライするかはどこかで決めておく。

人には苦手な分野がありますもの。

後戻りするための橋は絶対に落とさない方がいい。

後戻りも一つの価値ある選択だからね。

時間とコストをかける以上、限界を超えての継続は単なるリスク。

さっさと見切って次行こ次、が吉。

。。。OFFの日、屋台の射的をしながらも、応用度の高いヒントについて考察してしまいます。
全てはヒントですね。

。。ちなみに、射的の結果は5発の弾で1発も当たらず。

参加賞のうまい棒をもらって華麗に速攻撤退しました。

 

 

関連記事

  1. 呼び方ひとつ

  2. 契約書は戦略

  3. 会員さま向けセミナー第2弾はバレンタインの次の日。

  4. 規格外って何だよ

  5. 山手線を一周まわったときの話

  6. 2016の手帳、2017の手帳

  7. 司会業にジョブチェンジ!!

  8. 紅白歌合戦について思う2つのこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. いつもの風景

    2020.09.18

  2. 今年の夏

    2020.08.14

アーカイブ

最近のコメント