自由って何だろう

「自由」って、とても身近な言葉ですが、どんなイメージを持ちますか?

中学や高校生の頃、自由とは、例えば毎日好きな時間に起きてテレビをつけて、平日昼間から1人で「笑っていいとも」を見ることだと思っていました(笑)。

でも、それは単なる「制約のない状態」に過ぎなくて、本当の自由とは違う気がします。

自由とは、もっと積極的で、挑戦的で、主体的なもの。

やりたいことを自分の責任で自分の判断でできること。

そして、外からの力に関わらず、自分のあり方、行動を選択できること。

自由とは、そんな力強いイメージです。

いわゆるブラック企業にお勤めという方から、社長が辞めさせてくれない、という相談を受けました。

「ちゃんと手続きすれば社長が何と言っても辞められますよ」と私がアドバイスしたところ、「そうだったんですか??」と本気で驚かれました。

夫から毎日暴力を受けても、家に帰らねばならないと思っている妻からの相談もありました。

シェルターがありますよ、とお話ししたら、「えっ?家を出ていいんですか?」と聞かれました。

何となくルールとして制限されている気がする、という思い込みが、常識化してしまっていることってありますよね。

自分を守ることを優先すべき場面で、知らないがために必要な行動を取れず我慢し続けてきた、という方って実は結構います。

ざっくりした言い方ですが、人は本来、他人に迷惑をかけない限り自由です。

でも、自分が自由であることを知らないと、現実には自由は手に入らないのです。

だから、自由とは決して生易しいものじゃなく、個人個人が努力してつかみとるべきものだと思っています。

法律家の仕事は、かしこまったルールを話すばかりのように思われがちですが、実は、1人では自由を掴みとれなくなってしまった方に、「あなたは自由なのですよ」とお伝えする仕事なのではないかと思っています。

知識があればそれだけ選択肢をたくさん得られる。 不安なく踏み出せる。自信を持って判断できる。

「知識は自由への翼である」

私が一般の方向けにセミナーをしているのはこのことをお伝えしたいからです。

12/5月曜日、1:30から、東京新宿の京王百貨店で相続のセミナーを行います。

クリスマスシーズン、お買い物のついでによろしければ。

左上です♪

img_0496

関連記事

  1. ゴールデンウイーク明けに思うこと

  2. FQA〜ご相談(高リスクの事例1「妻vs夫実家」)

  3. 人生には目に見えないつながりがある。「特別縁故者」のハナシ

  4. 選択肢があると、人は立ち止まれる

  5. 専門家を名乗るなら

  6. あなた、約束してくれないの?

  7. 選挙ってこんな感じでいい

  8. たまにはホウリツ家らしく。「法定相続情報証明制度」について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. いつもの風景

    2020.09.18

アーカイブ

最近のコメント